庭で使う人工芝で大事なこと

庭で使う人工芝で大事なこと

人工芝の庭

人工芝は今や多くの場所で使われるようになっています。

昔と比較してずっと天然芝の雰囲気に近づいてきており、
天然芝顔負けのナチュラルな印象を作ることに成功したためです。

 

天然芝は、風合いも良く自然のさわやかさをもたらしてくれますが、
一方で手入れが面倒というデメリットがあり、
また芝そのものだけでなく、土などのメンテナンスにも気を遣います。

そして、芝や土の環境の整備だけではなく、
そこにさらに虫などの別のトラブルも発生しますので、
庭に天然芝を使うと多くのハードルが出てくるために、
断念してしまったというケースも少なくないのです。

一方で人工芝であれば、こういった管理の手間を大幅に省けます。

しかし、人工芝の場合には品質面をしっかり精査しないと、
思ったよりも長持ちせずに、見た目もすぐに劣化してしまって、
設置したときのような美しい庭の趣が無くなってしまいます。

芝の庭

庭の人工芝で大事なことは、
メンテナンスに手間があまりかからないことはもちろんのこと、
天候や気候の変化に強く、虫や雑菌などにも強いことです。

一言で言えば、「耐久性が高い」ということになります。

人工芝の寿命は環境や使い方にもよりますが、
一般的な品質のものでおおよそ5~7年くらいです。

ホームセンターで販売されている安価な商品であれば、
これよりも短い期間でダメになることも多いです。

リアル人工芝で遊ぶわんちゃん

当店のエクスターフは、こうした条件を満たす独自開発商品で、
10年保証を可能にした非常にタフで良質な人工芝です。

庭は家と共にあり、長くずっと使うものです。
人工芝も、しっかりした耐久性のあるものを使ってこそ、
結果的にコストも安く、景観も維持されて後悔がありません。

庭に使う人工芝では、耐久性をポイントにして選びましょう。

耐久性の高い人工芝については本ブログでも多く扱っていますので
ぜひ他の記事にも目を通していただければと思います。
きっと人工芝選びが変わってくるはずです。

クレジットカードでお支払いできます