庭にリアル人工芝を!凹凸を作る方法なくす方法!

リアル人工芝をデコボコなくきれいに施工するには?

 

庭にDIYでリアル人工芝を敷く際、

大切なポイントが地面を平らにならせるかということです。

 

凹凸がある状態では、

せっかくのリアル人工芝もきれいに敷くことができず、

仕上がりが今一つ…という状態になることもあります。

 

IMG 3743

 

ですが、凹凸が味になることがあるのは事実です。

なので今日は、リアル人工芝を施工する際に、

凹凸を作る方法と凹凸をなくす方法と、

その両方を取り上げてみたいと思います。

 

まずは、凹凸を取り除く方法です。

 

リアル人工芝を平らな地面に敷き詰めると、

まるでサッカーグラウンドのようなきれいな仕上がりになります。

スッキリとした景観を望む場合はこちらがおすすめです。

 

では、凹凸をなくす方法についてです。

 

どの方法でもまずは邪魔な石や雑草、

草の根などを根気よく取り除くことが大切です。

 

特に石は埋まっているからといって放置せずに、

なるべく目につくものはすべて取り除いてください。

 

この後は土の性質によって異なります。

すごく硬い土地の場合は、一度小さな耕運機などを使って掘り返した後、

勾配に気を付けながらトンボ等で整地し、

転圧機で固めるのがおすすめです。

 

基本は土の多い凸部から凹部へ土をならしていくことです。

グラウンドのように平らにならすのは技術が必要なので、

この部分だけでも業者に頼むのも一つの手だと思います。

 

次は庭に凹凸を作る方法です。

凹凸を作ってからリアル人工芝を敷くと、

より自然に近い仕上がりになります。

 

おしゃれな庭園を造る際にはこちらもおすすめです。

ですが、気を付けなければいけないのは、

整地をせずに人工芝を敷いてよい、というわけではないことです。

 

計算された場所に計算された凹凸を作らないと、

思わぬ場所に水たまりができてしまったり、

リアル人工芝がよれてしまったり、とよくない結果を招くことがあるからです。

 

凹凸を作る際は、

その部分も土を固めるようにすると、

リアル人工芝を敷いた後に踏んでも凹凸が崩れることなく、

きれいな状態を保ちやすくなります。

 

リアル人工芝の施工は、

5年の製品保証が自慢のフィールドマジックへご相談ください!

 

T02200069 0535016912406682791

 

 

 

 

クレジットカードでお支払いできます