庭に施工する人工芝のデメリット

庭に施工する人工芝のデメリット

庭に人工芝を使うとメンテナンスが
非常に楽になります。

 

いつも大変だった庭の手入れや芝刈りを行うことがないので、
天然芝から人工芝に代える庭が 増えているように見えます。

 

最近の人工芝は性能性や機能性がよくなっています。
中には見た目のよい人工芝もあり、
本物のようなリアルな印象のある人工芝は
家の庭などによく使われています。

 

2015-05-27-13.21.52.jpg

 

人工芝の場合、見た目では全くわからないほどの仕上がり感が
得られることが特徴です。

 

人工芝は十分、 天然芝に代わることができるので、
これは人工芝を使うメリットの一つとされていますが、
ほかにも芝を施工する際に効果を発揮する
性能の高い人工芝や機能性の高い人工芝もあります。

 

そのことから、人工芝なら天然芝に代わることができる
非常に高い効果を期待することができそうです。

 

人工芝なら庭に使っても心地よく、
水はけのよい製品ならどこでも使えるようになるので効果的です。

 

また、人工芝であるなら、
その性能のよさから今まで天然芝が使えなかった場所でも
使えるようになるといった メリットがあります。

 

たとえば、天然芝は屋内や床を傷めてしまう場所では使えない素材でしたが、
人工芝はどの場所でも使えることを可能としています。

 

 

1IMG_3245.jpg

 

 

人工芝はメリットばかりがある製品として考えてよいかもしれません。

 

このように人工芝の場合、
よいことばかりであまりデメリットがないとされていますが、
人工芝を庭に施工するときはデメリットがないわけではないようです。

 

庭に使う人工芝の条件として耐久性はもちろんのこと、
見た目の良さが必要になります。

 

しかし、人工芝の場合、見た目のよさばかりを優先して選ぶと、
性能や機能、耐久性が不十分な製品を選んでしまうことがあります。

 

中には価格のわりに性能がよくないものがあるため、
人工芝は価格が高くても選び方を間違うと
デメリットになってしまうのです。

 

耐久性が悪い人工芝はよい製品ではありません。
よい人工芝は 価格相応の性能などをもつものに限ります。

 

 

 

フィールドマジックのリアル人工芝エクスターフの詳細はこちら

wpid-sample02-300x92-2014-05-8-18-08.gif

クレジットカードでお支払いできます