梅雨時の人工芝はカビるの?

梅雨時の人工芝はカビるの?

人工芝

少しずつ暖かいという時期から暑いに変わりつつありますが、
もう少し経つと梅雨がやってきます。

梅雨時に人工芝がカビるのを心配する人も多いです。

 

人工芝にカビがついてしまう理由のひとつに、
人工芝そのものの水はけが悪いことがあります。

カビは高温多湿の環境の中で増殖しますが、
高温は季節上仕方無いとして、多湿が梅雨時の大きな問題です。

最近の人工芝ではそういうことは少なくなってきていますが、
粗悪な人工芝では水はけのことは実は考えられていません。

室内用、インテリア用品として販売されているものは、
たいてい安価ですが水はけに配慮されていないため、
屋外で使うのは避けた方が良いでしょう。

屋外での雨天の日も想定して作られているものは、
一定間隔で排水用の穴が開いています。

サンプルがあるようなら、一度水を通して見ると良いでしょう。

人工芝裏面

また、どんなに人工芝の排水力が高くとも、
人工芝の下で水はけが悪いと水はたまり、
カビも発生しやすくなります。

人工芝の下の土が水をキープしやすい土であれば、
どうしても芝の下が常時湿っている状態になりますし、
また水を流すよりも保とうとするため人工芝からの
排水を受け付けてくれなくなります。

コンクリートの場合も同様で、人工芝が水を流したくても、
人工芝が出した水を処理できなければ、
水が溜まってしまうようになります。

もしも人工芝の上に水がたまるようなら、
余裕があればほうきやデッキブラシ、水切りワイパーなどで、
人工芝の上から早めに水を排除した方が良いでしょう。

梅雨時は晴れの日も少ないため機会が得にくいですが、
晴れた日にしっかり日光に当てることでカビは防げます。
しかし、その時に水気が残っていると効果が薄くなるため、
できるだけ晴れの日は水気の確認と処理をした方がベターです。

設置した人口芝

梅雨時は人工芝にとってはちょっと困った時期で、
設置にも管理にもどうしても気を遣うしかありません。

カビると見た目も衛生面も問題が出てしまいますので、
できるだけ抗菌加工がされている人工芝を選ぶことや、
手間ではありますがマメに管理してあげることが大切です。

クレジットカードでお支払いできます