駐車場への人工芝の使い方

駐車場への人工芝の使い方

人口芝設置

リアル人工芝は普通の人工芝と同様に土や水を必要としないのが
ひとつの特徴となっており、
それゆえに様々な場所に使用することができます。

コンクリートや土といった環境を選びませんし、
室内のフローリングの上でも使用することができます。

どこでも設置できるというのが人工芝のメリットですが、
加えて本物のようなリアル感があることや、
天然芝以上とも言われるクッション性や、
メンテナンスフリーの快適性などが大きな特徴です。

人工芝を敷く場所と言って思いつくのは、
家や施設の庭、ベランダ、テラス、屋上といったところですが、
駐車場に人工芝を導入する人も多くなっています。

とは言え、さすがにどんなに耐久性が上がっていても、
人工芝の上を車が通れば人工芝はダメになります。

ですから、人工芝を駐車場に使うとしても、
車が通るスペースに使ってはいけません。

駐車スペース

人工芝を駐車場に使う場合は、
駐車場の隙間であったり、コンクリートで殺風景なところを、
人工芝にするという使い方が良いでしょう。

土にしたり、植え込みを作ったりしている所もありますが、
雑草が伸びたり虫が出たりと管理が面倒なことも多く、
人工芝だとメンテナンスフリーで便利ですし、
また色合いとしても明るい駐車場になります。
施行もそれほど難しくありません。

また、人工芝が潰れてしまってもあまり気にならないなら、
駐車場一面に人工芝を使うのもメリットがあります。

どういうメリットかというと、
雨の日などに、土の駐車場だとどうしても
泥や水たまりが生じてしまって、
履物や衣類を汚してしまいます。

人工芝だとそうしたトラブルがなくなりますし、
子供たちが靴を汚していたときだとしても、
泥除け替わりになって汚れを落とすことができます。

人工芝は水洗いですぐにキレイになりますから、
その後のメンテナンスも心配ありません。

駐車場への人工芝の活用方法は様々ですので、
ぜひ色々工夫してみてください。

クレジットカードでお支払いできます