高性能なフィールドマジックのロイヤルターフ

高性能なフィールドマジックのロイヤルターフ

 

人工芝のある庭

 

最近は、芝を使うところが増えているように見えますが、
これは天然芝よりも人工芝を使うところが
増えてきたことによるのでしょう。

人工芝は、いままで使ってきた天然芝よりも
お手入れが楽になる効果があります。

人工芝なら天然芝よりも日頃のメンテナンスが簡単であるため、
いろいろな作業を楽にしてくれるといった性格なのです。

天然芝は、自然素材を使ってつくっています。
それゆえに芝が傷みやすくて劣化しやすいといった欠点があります。

天然芝の場合、環境が悪かったり、
管理がよくないと芝が枯れてしまうこともあるほか、
寿命や耐久性も低いので、天然芝は、
自然素材が本来持っている性質がデメリットとなっています。

そして、人工芝は、天然芝がもつデメリットを解決するために
開発されてきたといってよく、
その性能は、天然芝を超えるほどに成功しています。

多くの人工芝は、見た目がよくて耐久性も高く、高寿命です。
このように、いまの人工芝は高性能であるため、
庭などに限らず、さまざまなところで使われるようになっているのです。

より高性能な人工芝の場合、見た目が大変によいので、
天然芝を超えるような印象があります。

そのことから、高性能な人工芝であるなら、
どこでも安心して使えるようになるでしょう。

 

リアル人工芝

 

人工芝には、高性能なリアル人工芝があります。

リアル人工芝は、よりリアルで本物のような雰囲気と
使い心地のよさを追求してつくったものであるため、
その性能は高く評価されています。

たとえば、リアル人工芝の中で高性能なものに、
フィールドマジックのロイヤルターフがあります。
ロイヤルターフは、フィールドマジックが従来、
販売してきた人工芝のエクスターフに比べて高級感があることが特徴です。

見た目はもちろんのこと、使い心地なども向上しているので、
人工芝の中でも天然芝みたいに本物のような雰囲気やリアル感があります。

また、ロイヤルターフの場合は、エクスターフよりも
芝葉を再現するパイルの密度が高くてクッション性も高いので、
ふかふかとした印象があります。
そのことから、カーペットのような仕上がり感も楽しめます。

ロイヤルターフの性能をまとめると、次のようになります。

ロイヤルターフは、なんといても、まず手入れがいりません。
芝は汚れがつきにくい性質なので劣化もしないし、
色あせもしにくく、面倒な手入れやメンテナンスにかかる手間や
コストを軽減することができるのです。
また、芝は素材が強いため、損傷しにくくて縮みにくいことから、
見た目以上にリアル感や耐久性を持つ製品となっています。

そして、製品の寿命については、保証期間が8年と長く、
製品性能の高さを示すような保証期間となっています。

さらに、フィールドマジックでは、人工芝の性能を最大限に発揮するために、
ロイヤルターフの販売だけでなく、施工も行っています。
ロイヤルターフの設置では、人工芝ロイヤルターフの性能を理解した
施工経験が豊富な自社スタッフが工事を行うので、
設置後の使用感や仕上がり感に安心できるでしょう。

 

DIY

 

フィールドマジックでは人工芝をきれいに敷くために、
あらかじめ製品を工場でカットや加工をしてから現場に持ち込みます。
この方法ならサイズがぴったりなので、
隙間がなくきれいに仕上がるだけでなく、施工も効率よくなります。
販売から施工まで行うフィールドマジックなら、
高級感のあるロイヤルターフならではの人工芝に満足できるはずです。

これなら、上質の人工芝を敷いて庭をきれいにしたいという人や
天然芝に代わる製品と使ってみたいという人に向いています。

また、フィールドマジックのロイヤルターフの場合、
サンプルで製品を直接確認することができるので、
人工芝選びで困っているという人にも便利です。
見た目や使い心地などがよいロイヤルターフなら、
人工芝で失敗することはありません。
製品性能の高さに満足できるはずです。

 

クレジットカードでお支払いできます