diyでつくる犬用人工芝のデメリット

diyでつくる犬用人工芝のデメリット

 

庭の人口芝

 

今ではどこでも使われるようになった人工芝ですが、
人工芝が使われるようになったのは、
管理が面倒な天然芝に代わるものとして開発がすすめられてきたからです。

天然芝に代わるような人工芝が登場したのは、
ニーズが高まるようになった最近のことといってよく、
それまでは、人工芝は簡素なものばかりであったため、
とても天然芝に代わるものではなかったのです。
そのため、長く庭などでは人工芝ではなく、
天然芝が使われていたのということになります。

天然芝は昔から使いにくい素材として知られています。
たとえば、天然芝の場合、芝刈りや雑草取り、水やりなどが必要であるため、
大変手入れや手間がかかるほか、そのためのコストもかかるようになます。

天然芝の場合、このような手入れをいつも行わないとならないのですが、
もし、これらのことを怠ると、
芝が枯れたり、傷んだり、雑草が多くなってしまうようになるため、
張り替えサイクルが早くなるといったことにもなってしまうのです。
そのようなことから、人工芝は、
このような面倒なことを解決するためにつくられたといってよいでしょう。

人工芝なら人工素材を使った工業製品なので、
製品は強くて面倒な手入れを必要とはしません。
一言でいって人工芝は非常に管理が楽な製品なのです。

また、人工芝は、もともと本物みたいにつくることを
目指した製品であるため、
天然芝の場合、見た目がきれいな仕上がり感となることが特徴です。
そのような理由から、さまざまなところで使われるようになっています。

人工芝を使った庭や公園などは、
とてもきれいに仕上がり、耐久性があるため、使用感も抜群なようです。
人工芝はペットなどが使う芝としても最適です。
犬用としても使える人工芝では、犬が芝を踏みつけても、走っても
そう簡単に傷むことはありません。
また、頑丈な製品であるなら、犬がひっかいてもかじっても
壊れることがないので、犬が使うにも向いています。

人工芝でも本物のような印象のあるリアル人工芝である場合は、
人が使っても心地良いだけでなく、犬だって心地良く使えるものなのです。
仕上がりがよい芝であるなら犬が大変喜ぶので、犬の遊び場としては最適なものでしょう。

 

リアル人工芝の庭で遊ぶわんちゃん

 

そして、人工芝は、diyで敷くこともできます。
人工芝は、リアル感の高いものであっても
ホームセンターやインターネットで買えるようになりました。
性能が高い人工芝でも簡単に買えるようになったため、
誰でも芝を敷くことができるようになったのです。
そのことから、犬が遊ぶところに人工芝を使うという人も増えたといわれています。

ただし、自分で芝を敷くときは、施工の際に注意しないと
うまく仕上がらないといったことにもなる可能性があります。
芝を使うところには、きれいにカットや加工しないと、
隙間ができてしまいます。
また、転圧機を使っていないと整地が不十分になります。
これでは、汚れが溜まりやすくなって
お手入れが大変になるだけでなく、
しばらくして芝がゆがんでしまうことになります。

また、diyでは、人工芝を敷く前に雑草が生えないように
防草対策をしていないことがよくあります。
これを知らないという人は結構多いようで、
このような対策をしていない状態の芝では
雑草が生えてくるようになるので、
芝が汚く見えるようになるといったデメリットがあります。

 

家庭用リアル人工芝

 

diyなら、どうしても施工後に芝にゆがみがでてしまい、
雑草取りで苦労するなどの手入れが大変になることが多くあるのです。
このような問題が起こらないためには、自分で行うのではなく、
専門業者による施工がよいといわれています。

人工芝の専門会社にフィールドマジックがあります。
フィールドマジックでは、施工の際に石を取り除いて
でこぼこをなくして転圧機できれいにします。
そして、防草シートを設置するので、雑草では悩まされることもありません。
また、工場であらかじめ芝をカットしてから
現場も持ち込むので、不具合のない芝で仕上がりが抜群によくなります。
これらの作業はフィールドマジックの専門スタッフが行うます。
このようにdiyで行うときはさまざまなデメリットが解消できるため、
犬用芝として使っても安心です。