ガーデングと人工芝

 

多くの一般的な住宅では、ガーデニングが
できるスペースがあります。

 

t02200294_0784104612420305786

 

 

 

 

 

また、お庭が狭い場合でも戸建住宅の玄関前などで
ガーデニングを楽しむ人がいます。

 

お庭づくりでは、芝生を植えることがよくありますが、
ナチュラルな雰囲気を求めることから、天然芝を使う
ことがよく見られます。
天然芝を使うと、手触り感や使用感はとてもよいものです。

 

家の外で、くつろぐときでも大変重宝することでしょう。

 

しかし、天然芝は、一般的にメンテナンスの面に
おいて非常に手間のかかるものです。

 

芝が伸びるとカットしたり、芝が枯れないように
散水したり、肥料をあげたりと、
維持していかなくてはなりません。

 

そのほか、芝刈りのための道具や散水のための道具、
除草のため農薬が必要となります。

 

天然芝は、このような手間や費用もかかることから、
一般住宅で広い庭をもっている場合は、個人で管理や
メンテナンスを続けることがとても大変なものとなって
しまうことでしょう。

 

また、天然芝では、害虫の駆除や雑草を除草するために、
農薬などを使いますが、小さいお子さんがいる場合には、
農薬による影響を受けるという安全面についての問題も
心配なものとなります。

 

そこで、天然芝を使うよりも、人工芝を使うことが
よいでしょう。

 

人工芝では、農薬を使う必要がなくなります。

 

また、人工芝は庭に設置してしまうと、特別なメンテ
ナンスというものを必要としなくなりますので、
維持管理に必要な手間や費用を削減することが
できるようになります。

 

また、人工芝では、水や肥料を与えたり、芝刈りを
するというような手間もなくなることでしょう。

 

さらに、人工芝は、枯れることもありませんし、
変色するということもありません。そこで、寒さに
よる天然芝の劣化という弱点をについて
解決することができる特徴を持っています。

 

人工芝は、場所や環境によって設置が制限されると
いうことがなくなります。

 

この点は、芝を長く使うことにおいて、人工芝の
メリットであることを示しているといえる
ものでしょう。

 

フィールドマジック、エクスターフの詳細はこちら!

 

sample02