ゴールデンウイークも営業中!
クレジットカードでお支払いできます
春の雑草対策キャンペーン

人工芝は天然芝と見間違う

ここ最近発売されている人工芝は「リアルさ」にこだわったものが多く、

本物と見間違えてしまう製品が増えています。

ひと昔前の人工芝は、プラスチックの塊のようなお粗末なデザインのものが

多かったのですが、「リアル人工芝」のように本物の天然芝に似せた人工芝の

クオリティは非常に高いです。

ここでは見間違えるほどのリアルさが魅了の人工芝についてまとめてみましょう。

人工芝生と天然芝の違い

芝生と聞くと、昔ながらの天然芝をイメージする人が多いかもしれません。

しかし最近では、ナイロン、ポリプロピレンなどで作られた化学繊維の人工芝も

増えてきていて、どっちを採用しようか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

では人工芝生と天然芝ではいったい何が違うのでしょうか?

ここでは人口芝と天然芝の違いについてまとめてみましょう。

天然芝より人工芝が優れているのは?

人工芝は天然芝の弱点を補うように作られているものですので、その性能や使い勝手は天然芝以上のものになっています。廉価な商品の中には昔の技術や考え方で作られたものも多いですが、良質な人工芝ならニーズに応えてくれるでしょう。

天然芝から人工芝に替えるなら

天然芝を使っていたお庭などから、人工芝に替えていくことが増えています。メンテナンスを楽にするなどのメリットがありますが、リアル感のある質の良い人工芝を探さないと、明らかに見劣りしますので注意しましょう。

人工芝なら場所を選ばない

人工芝の利点のひとつに「場所を選ばない」ことが挙げられます。天然芝では、日当たりや土との相性など、考えなければならないことが多く、野外でも自由に使うことができません。土や水を不要とする人工芝ならどこでも使うことができます。

人工芝と芝の販売は違うもの

人工芝と天然芝は全くの別物なので、基本的に取り扱っている業者はホームセンターのようなものを除けば別になります。管理のための技術や保管方法、設置方法なども違うので、一緒に考えるべきではありません。

芝生の価格はどのくらい?

天然芝か人工芝かを考える際には価格も重要です。価格を見ると、天然芝の方が安いですが、メンテナンスや設置にかかる費用などもかかってきます。業者を使うか否かも含めてよく検討することが必要です。