人工芝で犬を飼うと臭くなる?

人工芝で犬を飼うと臭くなる?

芝上の犬

犬のドッグランスペースとして人工芝を使う場合、
やはり気になるのはニオイだと言います。

最初はよいのですが、使っているうちに、
だんだんと尿のニオイなどが染みついてきて、
臭さが取れなくなると言います。

 

こうしたニオイの原因となるのは、主に細菌です。

犬の尿などが染み込んだとしても、
基本的にはしばらくするとニオイは消えてなくなります。

しかし、染み込んだ尿などが腐敗して、
細菌が大量に発生した場合には、持続的にニオイが出て、
臭い状態が続いてしまいます。

こういった状態になるとなかなか取れません。

人工芝の手入れとして、雑巾で拭いたりする場合もありますが、
人工芝の基布に染み込んでいる場合には届かず、
そこで雑菌や細菌が増殖してしまいます。

除菌剤・殺菌剤などによって消毒するくらいしないと、
なかなかこうしたニオイは取れません。

人工芝

基本的に人工芝は芝葉部分と基布部分で構成されますが、
芝葉部分はプラスチック素材で、基布部分は布です。

布は水分を通したり染み込ませる作りになっているため、
どうしても尿などの水分がたまるとニオイが出ます。

また、大雨の際などに、土の成分などを吸ってしまい、
そこからニオイが出てしまうこともあります。

芝葉よりもメンテナンスが難しい部分なのは間違いありません。

良い人工芝であるほど、しっかり防菌・防臭加工をしており、
こうしたニオイが出にくいように作られています。

しっかり加工した商品であれば、よほどのことがない限り、
ニオイの発生を抑えてくれます。

ニオイが出ることが多いのは防菌処理のされていないもので、
後から何度も防菌防臭のためのメンテナンスが必要となり、
管理が大変になります。

芝と犬

当店のエクスターフは防菌・防臭の機能を搭載した
高品質の人工芝で、ペットホテルであったり、
スポーツドッグのためのトレーニング施設など、
幅広く利用していただいております。

犬を飼ううえで不可避なニオイの問題についても、
しっかり考えて作られた商品ですので、
人工芝のニオイに悩んでいる場合には、
張替えも検討してみてはいかがでしょうか。

クレジットカードでお支払いできます