人工芝のドッグランが臭うのは

人工芝のドッグランが臭うのは

犬とプール

 

家の庭に人工芝でドッグランを作る方も多いですが、
その場合に多いトラブルが臭いのトラブルです。

ドッグランによらず、人工芝においては、
臭いの問題が発生することが多いです。

 

ドッグランの人工芝で臭いが問題になる理由は、
一番はやはり愛犬がトイレをしたり、
そこで様々な活動をするからです。

人間と一緒で新陳代謝もありますし排泄もあります。
体毛だって落ちるものです。

そうすると、それ自体から「犬の臭い」がしますし、
またそこでバクテリアが繁殖して臭います。

こうなってくると、掃除をしたとしても、
そう簡単には臭いが取れません。

臭いの元やバクテリアが、素材の奥にまで入り込み、
表面だけを洗っても臭いの元が取れないからです。

 

そのため、ドッグランでも使える人工芝なら、
しっかりと防菌や防臭の加工がされています。

この加工というのは簡単に言えばコーティングで、
芝葉や布の繊維の表面にコーティングを施し、
殺菌・抗菌をすると共に、繊維素材への侵入を抑えます。

殺菌剤や抗菌剤が別途販売されていますが、
それはあくまで菌を殺すためのものであり、
その後の繊維への侵入までは防げません。

安い人工芝で抗菌コーティングされたものは少なく、
それゆえに導入して1年も経てば、
臭いなどの問題が発生して廃棄することも多いのです。

人工芝製造

ドッグランに人工芝を使うのであれば、
ある程度のメンテナンスは必ず必要になりますし、
そして最初から良いものを選んでおくべきです。

質の良くない人工芝だと、
どんなにメンテナンスをしてもすぐ限界が来ます。

良い人工芝を選ぶと、最初は高いですが、
その後長く使えますし、メンテナンスコストも減ります。

ドッグランの臭いの問題の原因の多くは、
飼い主や愛犬の責任ではなく、
人工芝の品質に問題があることが多いのです。

この点をしっかり理解してドッグランを作れば、
きっと臭いで困ることは少なくなるでしょう。

当店の「エクスターフ」は抗菌コーティングもされている、
高品質のリアル人工芝です。

ドッグランをお考えの方は、
ぜひ検討いただければと思います。

クレジットカードでお支払いできます