パター練習用の本物並みのグリーンがつくれる人工芝

パター練習用の本物並みのグリーンがつくれる人工芝

 
ゴルフ場の人工芝
 
人工芝が登場するまでは、芝といえば長く天然芝のことでした。
少し前までは、天然芝しかなかったので、
身近であった天然芝に見慣れているという人がほとんどでしょう。
天然芝は、自然素材ならではの素材感があるので、
とてもナチュラルな風合いを楽しむことができます。
そのようなことから、天然芝を使うところでは、心地よい印象があります。

たとえば、庭や公園、グランド、競技場などではよく使われてきたようで、
これらではとてもきれいな天然芝を見かけ、
どれもきれいに仕上がっているようです。
また、このようなきれいな芝は、手入れがきちんと行われていて、
メンテナンスに手間やコストかけていることがよくわかるものとなっています。

庭なら、天然芝ならではの風合いと見た目の良さを実感できますが、
心地よく使える天然芝であって自然素材ゆえに
強い衝撃に耐えられないといったデメリットもあります。
 
人工芝
 
たとえば、天然芝は、ゴルフ場などでも使われています。
ゴルフでは、必ず芝が使われているといってよいほど、芝は重要なアイテムです。
そして、芝には天然芝をよく使っていますが、
天然芝の場合、ゴルフ場では、メンテナンスが大変なだけでなく、
管理費用もかかる上、天然芝をゴルフで使うと、傷みが付くようになります。

そのため、ゴルフ場の芝では、ほぼ毎日のように
傷を補修するためのメンテナンスが必要となるのですが、
これが天然芝のデメリットとなるところなのです。
ゴルフ場の補修やメンテナンスは、欠かせない作業となっています。

また、これは、ゴルフ練習でも同じことがいえるもので、
練習では特定の場所を中心に傷がつくことから、
メンテナンスは非常に大変になるといわれています。
このような理由から、ゴルフ場やゴルフ練習場では、
天然芝を使うことは大変なので、代わって天然芝よりも丈夫な
人工芝を使うことをおすすめします。
 
人工芝の庭でゴルフ練習
 
人工芝を使うなら、いままで天然芝を使うことで困っていた
メンテナンスにかかる手間やメンテナンスにかかる費用を
減らすことができるようになります。
特に人工芝に代えるメリットとして、
人工芝は人工素材を使った工業製品であるため、
耐久性があって簡単に傷つくことはありません。
人工芝は、傷がつきにくくて壊れにくいので、ゴルフに使うには向いています。

また、人工芝であるなら寿命も長いので、張替サイクルも短くなります。
そして、一度敷いてしまうと、簡単な手入れで済んでしまいます。
人工芝の場合、ランニングコストについても
天然芝よりも断然よくなる効果があります。
そのことから、常に強いダメージを受けやすいゴルフ場での利用に適しています。

そのことから、人工芝は、パターの練習用としても向いているため、
いつも芝のダメージを気にして天然芝で練習を行っていた
という人にとっても安心でしょう。
さらに、人工芝であるなら、本物並みのグリーンがつくれるようになるので、
練習のみならず、本格的なゴルフのプレーにもよいかもしれません。

ただし、高い耐久性が必要なゴルフ練習用の芝は、
あらゆる面において高性能で高機能なものでないといけないので、
ゴルフ練習用のための人工芝選びについては注意が要ります。
ゴルフに適している人工芝は、見た目がよくてリアルなものであるだけでなく、
耐久性がよくて丈夫でなくてはならないので、
芝の仕上がりや構造なども調べて選ぶほうがよいとされています。

フィールドマジックの人工芝は、高耐久で見た目がよく、
きれいな仕上がりが得られる製品です。
フィールドマジックの人工芝には、自社オリジナル製品の
エクスターフとロイヤルターフがあり、
どちらも高性能で高い機能を持つ構造でできています。
フィールドマジックの人工芝なら、簡単には傷がつかないので、
ゴルフプレーにも十分使えます。
エクスターフとロイヤルターフなら仕上がり感がよいことから、
本物並みのグリーンがつくれるほか、パターの練習に適した機能をもっているのです。

クレジットカードでお支払いできます