人工芝の撤去や処分について

人工芝の撤去や処分について

ゴミ箱

人工芝は撤去や処分に結構な手間がかかるものです。

庭やベランダに敷いている場合、面積にもよりますが、
まずははがすことに相応の時間を取られます。

 

U字ピンだけの場合は簡単に取ることも可能ですが、
接着剤の場合はどういった種類の接着剤かで、
そのはがし方や必要になる溶剤が違ってきます。

そのため、スムーズな撤去作業のためには、
施工をお願いした業者にはがしてもらうのがベストです。

 

はがした人工芝は、ある程度の量であれば、
小さめのサイズにカットして可燃ごみで出せます。

量が多くなると粗大ごみという扱いになるため、
あえて分割して捨てている人もいるようです。

ベランダくらいなら良いのですが、
さすがに広めの庭になってくると、
粗大ごみとして処分することになるでしょう。

充填剤を使っている人工芝の場合、
充填剤が散乱して庭やベランダが汚れます。
また、種類によってはそのままゴミに出せないこともあり、
少し注意が必要となります。

地域によってルールが違ってきますので、
心配な場合は剥がし作業を業者に依頼して処分してもらうか、
地方自治体やごみ処理センターに直接確認しましょう。

お掃除

人工芝をはがした後、地面に苔がびっしりつくことも
珍しくはありません。

人工芝により直接日光が当たらず、
湿度が上がりやすい環境だったために、
内側では苔や水垢によって、見た目もひどく、
また悪臭がすることもあります。

できれば高圧洗浄機などで徹底的に落としましょう。

土の場合は土がこれらを分解してくれたりしますが、
ベランダなどコンクリートの場合は期待できません。

土かコンクリートによらず、人工芝を撤去すると、
散らばった充填剤や抜けた芝葉なども散乱し、
徹底的にお掃除をすることになります。

人工芝をはがすだけで終わりではないので、
剥がした跡もしっかりきれいにしましょう。

 

このように人工芝の撤去はなかなか大作業です。

頻繁にこうした撤去作業があるとたまりませんので、
最初から長く使える人工芝を購入して、
できるだけ長く気持ちよく使うことが大切なのです。

クレジットカードでお支払いできます