人工芝の施工方法

人工芝の施工方法

 
 
 
庭がきれいに仕上がると本物のような印象が得られることから、
人工芝はいま人気が上昇しています。
 
人工芝でも見た目がリアルなものがあり、
見た目だけでは本物の天然芝とは区別がつかないものまであります。
 
12015-05-27-13.21.43.jpg
仕上がり感のよいものであるなら天然芝よりもよく見えることもあります。
 
そのことから、多くに庭などで人工芝が天然芝に
代わって採用されるようになっているようです。
 
人工芝であるならいつもきれいな庭を楽しむことができるでしょう。
 
また、人工芝は、もともと天然芝がもっていたデメリットを克服するために
開発されてきた製品であるため、性能や機能が向上しています。
 
人工芝であっても天然芝に代わるものとなることから、
見た目だけでなく使い心地のよい製品が増えています。
 
人工芝は人工素材を使った工業製品です。
 
使い方や成功によってはよくなったり、悪くなることもあります。
 
よい製品を使っても仕上がりがよくないと性能や機能を
うまく発揮することができないでしょう。
 
1IMG_1525.JPG
人工芝は持つ性能を活かすために
人工芝の施工に気をつけるべきとされています。
 
人工芝の施工では、いくつかのことに注意する必要があります。
 
まず、人工芝を施工する場合、芝を敷く前に整地を行います。
 
そして、芝を設置部分に合わせてカットしていき、
芝がきれい仕上がるようにジョイント部分が
目立たなくなるような工事を行います。
 
人工芝はジョイント部分の工事と施工前の整地が
しっかりしていないと仕上がりが悪くなってしまいます。
 
そのことから、この仕事はプロの見せどころともいわれています。
 

IMG_0860

 
この工事ができていないと芝の見た目に影響するようになるようです。
 
人工芝の仕上がりをよくするにはロール式のものがおすすめです。
 
これならつなぎ目が少なくなります。
 
また、カットが容易なものであるならもっときれいな芝に
つくることができるようになるでしょう。
 
このような製品にはエクスターフがあります。
 
エクスターフならあらかじめ工場でカットをしてから現場作業となるため、
施工時間は早く、たとえば100平米以内だと工事が1日で終わるため、
施工後すぐに歩いたり走ったりしても大丈夫です。

 

フィールドマジックのリアル人工芝エクスターフの詳細はこちら

 

クレジットカードでお支払いできます