人工芝の耐用年数をご存じですか?

人工芝を敷く際に気になることと言えば、どのくらいの年数持つのか?という点でしょう。

人工芝の耐用年数は、それぞれ製品によって異なりますが、だいたいどれくらいもつものなのでしょうか?

ここでは人工芝の耐用年数についてまとめてみます。

 

 

1、人工芝の耐用年数ってどれくらいなの?

2、人工芝の耐久性は良くなっている?!

3、まとめ

 

人工芝の庭
人工芝の庭

 

1、人工芝の耐用年数ってどれくらいなの?

人工芝を庭に敷いてみたものの、どのくらい持つものなのかよくわからない…という人は意外と多いはず。

人工芝の耐用年数は、製品によって異なり、長いものでは10年ですが、

2~3年ですぐにダメになるような人工芝もあります。

 

 

税法上では、人工芝の芝葉の耐用年数は10年ですが、

サッカー場など芝葉に大きな負荷がかかるような場所であれば

もっと早く人工芝の張替えを行わなければなりません。

天然芝は一度敷いてしまえば、何十年も持つのですが、

人工芝は見た目的にもはっきりと劣化が見られるため、定期的な張替えが必要となります。

 

 

リアルな人工芝の製品寿命は5~7年が平均と言われており、芝葉の形状、品質によっても異なるでしょう。

ただあまりに安い人工芝は2~3年程度で芝葉が寝てしまって使いものにならない…なんてことも。

少しでも長持ちさせるためには、正しい使い方をすること、品質のよい人工芝を選ぶことが大切ですよ。

人工芝の水はけ
人工芝の水はけ

 

2、人工芝の耐久性は良くなっている?!

人工芝の耐久性は、以前に比べて格段に上がってきています。

これは人工芝自体の品質が良くなっているため。

元々、人工芝はポリプロピレンでできており、

サッカー場や野球場だけに限らず、商業施設、一般家庭でも広く普及されるようになりました。

そのため、たくさんのメーカーから人口芝が登場しており、

芝葉の形状、材質、紫外線対策などがされた商品もありますよ。

 

 

特に最近発売している人工芝は耐久性を重視した商品も多いです。

芝葉の密度が高く、上質な材質を使っている人工芝であれば、

価格は少し高めではあるものの、耐久性もその分高くなるでしょう。

何度も張替えするという手間を考えれば、安価な人工芝を購入するよりも、

質のよい少し高めの人工芝を選んだ方がよいです。

 

3、まとめ

人工芝の耐久年数は一般的には5~7年程度と言われています。

ただこの年数には幅があり、安くて質の悪い人工芝であれば

2~3年ですぐにダメになってしまう場合もありますし、

10年以上持つものもあります。

 

フィールドマジックでは密度の高い人工芝を用意しており、

芝葉がすぐにへたってしまうことがありません。

特にエクスターフは高い耐久性が特徴の人工芝であり、

他の人工芝に比べても長持ちします。

フィールドマジックの人工芝製品には安心の10年保証もついているので、

10年経過しても耐久できる人工芝を選ぶことができますよ。

 

 

人工芝は初期コストが高くなるため、どうしても安価な人工芝を選びがちですが、

安い人工芝を選んでしまうと、のちのち張替えが必要になるため

結局は高くついてしまいます。

10年人工芝を使うことができれば、天然芝よりもトータルコストは安くなりますし、

コストパフォーマンスはよいでしょう。

 

価格以上の価値があり、手軽に芝を楽しめるので、

質のよい人工芝選びをするべきだと思いますよ。

またできるだけ人工芝の耐用年数を伸ばすために、メンテナンスをきちんとすること、

人工芝に重たいものをのせないなど、正しい使い方をすることも重要です。

クレジットカードでお支払いできます