人工芝生と天然芝の違い

人工芝生と天然芝の違い

 

最近は高性能の人工芝生も開発されるようになっています。

見た目ではほとんど変わらないものが多くなり、

人工芝生と天然芝の区別がつかないものが増えています。

 

2015 06 22 16 41 25

見た目や使用感で天然芝との差がなくなった人工芝は、

庭に使ったときの仕上がり感が非常によいものです。

 

このような状況から人工芝生と天然芝の違いを

見つけ出すことはできなくなっている

といってよいでしょう。

 

しかし、人工芝生の登場は本来、天然芝が持つ欠点を

克服することにありました。

 

克服しなければならなかった天然芝の欠点とは、

自然素材ゆえに環境に影響されやすく、

寒いところでは葉が枯れやすいことや

芝が傷みやすいことでした。

 

また、芝には寿命があります。

天然芝の寿命は比較的に短いことから、

張り替えるごとに費用がかかるようになります。

2015 06 22 16 42 41

さらに、天然芝の場合は、きれいな芝の状態を

維持するために定期的に芝を刈る必要があるので、

天然芝はどうしてもメンテナンスや

管理に手間やコストがかかるのです。

 

これに対して人工芝は、ナイロンやポリプロピレンといった

人工素材を使っていることから、耐久性がよくて傷みにくく、

枯れることもありません。

 

また、人工芝生は寿命が長いので、一度敷くと

張り替えるまで長く使うことができます。

 

人工芝生ではイニシャルコストが天然芝よりも

高くてもランニングコストを考えると、

トータルとして安く済むケースも多くあります。

 

手間やコストがかからない方法として、メンテナンスの

良さが特徴となっています。

 

このように人工芝生は天然芝がもつデメリットを

克服しています。

2015 06 22 16 41 16

人工芝生では管理が容易になり、きれいな庭の

芝生を作り出すことも可能です。

 

これが人工芝と天然芝との大きな違いといってよいでしょう。

人工芝生は天然芝のような見た目の良さや

使用感をもちながらもコスト面やメンテナンスの面において

優れたものとなっています。

 

庭などで芝を張るときは、これらの違いを

理解しながら芝を選ぶことが必要でしょう。

 

フィールドマジックのリアル人工芝エクスターフの詳細はこちら

クレジットカードでお支払いできます