人工芝は天然芝と比べると水はけは良い?人工芝が水はけをよくする施工方法とポイント

水はけが良い人口芝

人工芝の水はけについて

人工芝と聞くと、人工芝の下面のシート部分に水が溜まってしまって、スムーズに水はけができないイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれません。

確かにひと昔前の人工芝は水に弱く、スムーズに水はけができないことが原因で、カビが生えるなどのトラブルも起こりがちでした。

ですが、最近の人工芝はホームセンターで売られているものでも、昔と比べるとかなり水はけが良く改良されてきています。

人工芝の裏面を見て頂くと、一定間隔で丸い穴が開けられているのを確認できると思います。この穴から排水されていくので、雨が降っても浸透性が良く、水が人工芝の上で溜まってしまうという心配はありません。

乾きがいい人工芝なら、雨が降った翌日でも問題なく使えるようになりますよ。

天然芝と比較した際の水はけはどうなのか?

人工芝はプラスチック素材なため、本来は水を弾く効果があります。

なので、人工芝自体は水はけが悪くはないのですが、直接地面に雨水が浸透していく天然芝に対して、人工芝は「下地」となる環境で水はけが左右されてきます。

例えば、

  • コンクリートの上に敷く
  • 粘土質の土の上に敷く

など、環境が悪ければ、どうしても水はけは天然芝よりも劣ってしまいます。

次の項目で、水はけが悪くなる原因についてまとめていくので、対策をする際の参考にしてみてください。

人工芝を敷いたのに水はけが悪くなってしまう原因について

下地の土の保湿度が高い

先程触れたように下地の土が粘土質の場合、雨が降ると乾きにくいのが特徴です。地面が平らでなく窪みがあると、水たまりができてしまいます。

そんな環境で人工芝を設置してしまうと、日光が当たらない分、より蒸発しにくく、人工芝にカビは生える原因になりかねません。

下地の整地ができていない

人工芝を設置する前は、地面のでこぼこを平らにならして整地していきます。

しかし、この整地作業が不充分だと、凹んでいる部分に水たまりができてしまうこともあります。

浸透穴が小さ過ぎる

最近の人工芝は浸透穴が付いているため、水はけの心配は余り要りません。

ですが、余りに浸透穴が小さい場合も稀にあり、スムーズに水はけできないケースもあります。
人工芝を購入する際は、裏側もしっかり見て、浸透穴の大きさも確認しておきましょう。

水はけを良くするためにできる施工

水はけを良くするためにできる対策も見ていきましょう。

水勾配を作る

水はけをよくするコツは表面排水を作ることです。

雨が降った際に、土の中に浸み込む水はわずか3割程度で、残りの7割は地面を移動する雨水だと言われています。高所から低所に向けて水勾配を作ることで、水はけはぐんと良くなります。

土を足すなどして、緩やかな勾配を作っていきましょう。

雨水マスに穴を開ける

大量の雨が降った時に水たまりができてしまうという場合は、1度会所やU字溝を確認してみてください。

会所やU字溝に水たまりができているようであれば、雨水マスに穴を開けたり、U字溝の縁を切って水はけを良くしていきます。

その際に、土や砂利も一緒に流れていかないよう、開けた穴の前にネットを張るのも忘れないでおきましょう。

会所を増やす

水勾配を作るのが難しければ、会所を増やすのも方法です。穴を掘って、そこに会所を作ります。

元々あった会所とパイプで繋ぎ排水できる仕組みを作れば、水はけが良くなりますよ。

クレジットカードでお支払いできます