ゴールデンウイークも営業中!
クレジットカードでお支払いできます

DIYで人工芝を誰でも簡単に敷けるってホント??〜DIYの3ステップ お庭編〜

お庭に人工芝を敷きたい。でも業者に頼むと費用がかさむ…なんとか自分で敷けないものだろうか…?あるいは、自分のお庭は自分で作り上げたい!なんとかDIYできないだろうか…?こういったお客様の声を我々はよく聞きます。今回は、きれいにお庭をDIYするための人工芝の選び方、DIYの方法を以下の3ステップに分けて簡単にご紹介します。

家庭用リアル人工芝

お庭の人工芝は良いものを使おう

お庭の人工芝は屋外の環境で雨風にさらされるためタフさはもちろん、鑑賞にも応えられる美しさが求められます。人工芝は価格が安いものは機能性を削って作るしかないため、お庭の人工芝はある程度の価格のものを選ぶべきです。

きれいな庭には天然芝よりリアル人工芝

天然芝は天然芝の特有の性質により、イレギュラーが多く、庭造りのデザインを崩す可能性があります。人工芝は加工が簡単で場所を選ばないことから、デザインした庭を正確に再現できるため、外構工事でも多く使われています。

新築庭の人工芝はイメージを伝えてほしい

新築で庭を作る際には、どういう庭にしたいのか、どんな空間を作るのか、具体的なイメージを作ってほしいと思います。イメージの実現のために私たちの技術や知識がお役に立てるなら光栄です。

他では作れない人工芝エクスターフ

人工芝はあらゆるところで使われるようになりましたが、鑑賞用に耐えうる人工芝はまだまだ少ないです。見た目も重要ですが、何より品質の劣化を抑えきれるだけの品質の商品が少ないからです。当店のエクスターフは長期利用を前提とした見た目も良い商品です。

広い庭にはエクスターフ

施行する面積が広くなるほど、天然芝は環境の要因によるランダムな生育が生じ統一感のない庭になっていきます。人工芝は面積が広くなっても統一感のある外観を保つことが可能な他、メンテナンスを楽にするなどの特徴があります。

人工芝とアウトドアリビング

最近、住宅メーカーでは「アウトドアリビング」を提案しています。このアウトドアリビングと人工芝は、実はとても相性が良いものなのですが、質の良い人工芝でないと長持ちしません。