ゴールデンウイークも営業中!
クレジットカードでお支払いできます
春の雑草対策キャンペーン

新時代のエクステリア お庭づくりをするなら知っていますよね?

インテリアと言えば、室内装飾のことですよね?では、エクステリアって何?そりゃ、室外装飾のことでしょと答える方が多いかと思います。このように、なじみのある言葉となっている「エクステリア」ですが、実は一般的に使われるようになったのは、ここ数年のことです。

人工芝をもっとリアルに見せるポイントとは?

人工芝はリアルになってきていますが、より天然芝のような雰囲気を出すためには芝の選び方や施工に工夫が必要です。プロの職人のノウハウからいくつかを紹介します。

きれいな庭には天然芝よりリアル人工芝

天然芝は天然芝の特有の性質により、イレギュラーが多く、庭造りのデザインを崩す可能性があります。人工芝は加工が簡単で場所を選ばないことから、デザインした庭を正確に再現できるため、外構工事でも多く使われています。

人工芝とアウトドアリビング

最近、住宅メーカーでは「アウトドアリビング」を提案しています。このアウトドアリビングと人工芝は、実はとても相性が良いものなのですが、質の良い人工芝でないと長持ちしません。

ウッドデッキと人工芝は相性が良い

ウッドデッキと人工芝は相性が良いのですが、メンテナンス期間に違いがありますので、性質をわかって導入しないとメンテナンスが忙しく、老朽化が放置される原因になります。最初から良いものを導入し、定期的なメンテナンスを行うことがきれいな景観を作るためには大切です。

人工芝のエクステリアを作るなら

エクステリアを彩る定番となっている人工芝ですが、場所や用途によって必要とされる性能が違ってきます。屋外に設置するものだからこそ、耐久性に優れた人工芝を選ぶことがポイントです。

人工芝DIYで押さえたいポイント

DIYをする際には、最初はどのように仕上がるのか不安ですが、多くの場合は初めてでしょうから、それは当然です。しっかりポイントをおさえておきましょう。

diyで人工芝の庭つくるとデメリットがある

diyで人工芝を敷く人も多くなっていますが、人工芝のカットや整地が素人には難しく、うまくいかないケースも多いです。きれいな庭に仕上げたいなら、プロに依頼するのがやはり一番です。

人工芝のDIYはこわくない

ガーデンの手入れを楽にするには人工芝の採用が効果的です。
人工芝でも性能がよいものなら見た目がよいので、天然芝のデメリットを解決できるだけでなく、天然芝に十分代わることができます。これならDIYでガーデンがつくれるのでおすすめです。