人工芝のジョイントマットはどう使う?

人工芝のジョイントマットはどう使う?

 

人工芝景観

 

庭やガーデン、ベランダなどでは
メンテナンスが大変な天然芝に代わって
人工芝がよく使われるようになっています。

人工芝なら面倒な手入れが必要なくなるので、
いろいろな場所で使われるようになっているそうです。

人工芝にはタイル式やマット式、ロール式といった
いくつかの種類のものがありますが、
マット式やタイル式の人工芝の場合は手軽に敷くことができるため、
よくベランダなどで使われています。

 

ベランダ

 

マット式でもジョイント式の人工芝マットは
設置が簡単なことで知られています。

ジョイント式の場合、人工芝の大きさは
30センチ角と比較的に小さめものが多く、
大きくても手でもち運べるサイズのものがほとんどです。

ジョイントマットの人工芝は
ポリエチレンなどの丈夫な素材を使っているものが多いため、
耐久性があることが特徴です。

また、ジョイント部分には隙間も多くあることから、
水分が抜けるのが早く、水はけもよいといったことを特徴としています。

そして、手入れや掃除も簡単です。

これなら人工芝が持つ性能を
有効に活かすことができるといってよいでしょう。

ただし、ジョイントマットは、広い場所に使うときは
たくさんのマットを組み合わせる必要があります。

たとえば、1平方メートルの広さであっても
マットは10枚近くも必要になります。

広ければ広いほど、マットの数が多くなるので、
使っているときはマットがずれやすくなったり、外れてしまうこともあります。

これはつなぎ目が多くなることから
マット式のデメリットとされているところですが、
床との定着をしっかりしているならあまりずれるようなことはないようです。

 

人工芝の庭

 

ジョイントマットはベランダに使うときは非常によく、
きれいに並べるとマット式であることも気になりません。

また、ジョイントマットの使う方としてはスペースに限りがあって
人工芝が敷きにくいといったところにも向いています。

狭くても小さいマットなら容易に敷くことができるでしょう。

さらに、ジョイントマットであるなら
簡易的に床に人工芝を敷きたいというときにも役立ちます。

 

フィールドマジックのリアル人工芝エクスターフの詳細はこちら

 

【関連エントリー】
人工芝のマットは気持ちいい
人工芝のマットの使い方
ベランダに人工芝マットは適している?
芝生マットは最初が肝心
ベランダのマットに人工芝を使う

 

クレジットカードでお支払いできます