人工芝のマットの使い方

人工芝はロール式がいい?

 

ますます便利になっている人工芝ですが、

最近は性能のよい芝が多くなっていることから、

広く使われるようになっているようです。

 

人工芝ははじめ屋内競技場に使われていましたが、

ニーズが高まってきたせいか今ではグランドや

庭などでも使われるようになっています。

 

IMG 2481

 

人工芝が登場した頃はプラスチック製でいかにも

人工素材の芝といった感じがあったので、

あまり普及しなかったそうです。

 

人工芝は最近になって天然芝に代わる性能などを持つようになったと考えてよいでしょう。

 

そのことから、人工芝は観賞用としても広く採用されるようになってきたといわれています。

 

また、いま販売されている人工芝の多くは、

天然芝が持つ面倒な手入れ、メンテナンスにかかる負担を軽くしてくれる性能があります。

 

人工芝の中にはタイル状のものやロール状のものがあり、

ロール状やマット状のものでは、つなぎ目がわからないように使うことができます。

 

IMG 2482

 

ロール状やマット状の人工芝の場合、

本物のようなリアル感を得ることができることが特徴です。

 

特にマット状のものは厚さがあり、

高性能な製品が多いことから、価格についても高めのようです。

 

使い勝手のよいマット状の人工芝は、

その形状からどこにでも敷くことを可能にしてくれます。

 

たとえば、広い敷地に人工芝を敷く場合には非常に役立ちます。

 

人工芝マットにはカットして使える製品もありますが、

このような製品では、人工芝の設置が容易になるので、

天然芝では設置できなかったところでも簡単に設置できるようになります。

 

人工芝のマットなら狭いところや複雑に入り組んだところにも

敷くことができるようになるので、人工芝の可能性が広がります。

 

IMG 2488

 

マットの人工芝は、マットタイプのものなら

天然芝が使えなかった場所でも容易に使えるようになる

といってよいかもしれません。

 

マットの人工芝の場合、長いもので長さが

10メートルを超える製品もあります。

 

ロール状でも大きなマットタイプの人工芝では、庭やガーデン、

グランドなどの面積の広い場所で容易に敷くことができるようになります。

フィールドマジックのリアル人工芝エクスターフの詳細はこちら

クレジットカードでお支払いできます