休まず営業中
夢の園庭プレゼント

人工芝ロールの扱い方

天然芝に比べて設置する場所を選ばず、メンテナンスもラクチンなことから人気急上昇中なのが人工芝です。人工芝にはロール状タイプのものとジョイント式のマットタイプ(タイル状)のものがあります。どちらもメリット、デメリットがあるものの、人工芝を選ぶのであればロール状がおすすめです。では、なぜ人工芝はロール状の方がよいのでしょうか?その理由と、人工芝ロールの扱い方をまとめてみましょう。

人工芝を通販で買うな

人工芝の購入を検討する時、どのような場所で購入するのが

よいのでしょうか?

人工芝ブームによって、人工芝を取り扱うお店は増えてきています。

ホームセンターや施工会社、人工芝専門の業者の他、通販サイトでも

手軽に購入できるでしょう。

また最近では100円ショップでも売っていますよ。

では通販で人工芝を購入するとどうなるのでしょうか?

ここでは通販で人工芝を購入する時に気を付けておきたいポイントを

まとめてみましょう。

人工芝のロールの重さ

人工芝にはジョイント式のマットタイプとロールタイプがありますが、

特に人気があるのはロールタイプの人工芝です。

庭に敷き詰めてある人工芝は見たことがあるものの、どのくらいの重さがあるのか

知っている人ってそんなにいらっしゃらないでしょう。

人工芝の重さってどれくらいなんだろうと、なかなか想像がつきません。

ここでは人工芝のロールの重さについてまとめてみましょう。

人工芝はロールタイプが良い理由

人工芝ではロールタイプとタイルタイプがありますが、ロールタイプの方が良いとされています。その理由は、言われているほどタイルタイプのメリットはなく、また人工芝は特性上、継ぎ目が多くなるとそれだけ機能が低下するからです。

百均の人工芝の抱える問題とは

百均でも人工芝は購入することができますが、その品質の低さは明らかと言ってよいほどです。芝葉も抜けやすく、耐久性に難がありますのでメンテナンスも面倒になりますし、結果的にコストパフォーマンスも悪くなりますから注意が必要です。

人工芝はロールタイプかジョイントマットか

人工芝にはロールタイプとジョイント式のマットタイプがありますが、優劣があるというより、それぞれのタイプが持つ特徴を最大に活かして使うことが大切です。それぞれの特徴について紹介します。

エクスターフという人工芝のランク

当店のエクスターフは、最高ランクの品質を誇りつつ、価格はなるべく抑えている費用対効果の高い商品です。10年保証をしているリアル人工芝は他では見られません。人工芝と長く良い付き合いをしたいとお考えの方は、ぜひ当店のエクスターフをご利用ください。

人工芝のロールタイプとジョイント式

人工芝は大きく、ジョイント式のマットとロールタイプのものに分かれますが、それぞれに特徴があります。本物のような仕上がりで、人工芝の機能を最大発揮できるのはロールタイプの方で、高機能品ではロールタイプが多くなっています。