休まず営業中
夢の園庭プレゼント

人工芝生と天然芝の違い

芝生と聞くと、昔ながらの天然芝をイメージする人が多いかもしれません。

しかし最近では、ナイロン、ポリプロピレンなどで作られた化学繊維の人工芝も

増えてきていて、どっちを採用しようか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

では人工芝生と天然芝ではいったい何が違うのでしょうか?

ここでは人口芝と天然芝の違いについてまとめてみましょう。

天然芝vs人工芝 -敷くならどっち?-

天然芝vs人工芝 −敷くならどっち?
念願のマイホームを手に入れたら、あなたはお庭をどうしたいですか?
せっかくなら、きれいなお庭を手に入れたいと、天然芝を敷こうと思う人もいるのではないでしょうか?多くの庭や公園では芝が使われており、芝を敷いた庭はきれいなため人気です。さて、この記事では庭や公園、幼稚園の園庭などいろいろなところに芝生を敷きたい人のために、天然芝と人工芝の特徴について紹介します。

人工芝と天然芝ではランニングコストが違う

理想の庭を作るために、最近は人工芝がよく使われています。天然芝のように水やりや草刈り、防虫などのコストがかからないため、ランニングコストでは圧倒的に人工芝が安くなります。初期費用も安くなってきているので、理想の庭づくりにお役立てください。

きれいな庭には天然芝よりリアル人工芝

天然芝は天然芝の特有の性質により、イレギュラーが多く、庭造りのデザインを崩す可能性があります。人工芝は加工が簡単で場所を選ばないことから、デザインした庭を正確に再現できるため、外構工事でも多く使われています。

天然芝より人工芝が優れているのは?

人工芝は天然芝の弱点を補うように作られているものですので、その性能や使い勝手は天然芝以上のものになっています。廉価な商品の中には昔の技術や考え方で作られたものも多いですが、良質な人工芝ならニーズに応えてくれるでしょう。

人工芝なら場所を選ばない

人工芝の利点のひとつに「場所を選ばない」ことが挙げられます。天然芝では、日当たりや土との相性など、考えなければならないことが多く、野外でも自由に使うことができません。土や水を不要とする人工芝ならどこでも使うことができます。

芝の庭は変わりつつある

人工芝の高機能化に伴って、庭に芝を利用する方も天然芝から人工芝に替える方が増えました。人工芝では初期コストが高くなりがちですが、良い人工芝を使った方が結果的に長持ちし、コストパフォーマンスも良くなります。