diyの人工芝は失敗しやすい!失敗例や注意点を解説!

diyの人工芝は失敗しやすい

最近は、家の修理やメンテナンスなども自分で行うという人が増えています。

日曜大工などは人気があり、庭づくりやガーデンづくりなどを楽しむ人も多くなったようです。

きれいな庭やガーデンを作るときは、いろいろなものを使って仕上げるということがあるようですが、diyなら自分の好みの庭がつくれることが特徴です。

また、庭づくりやガーデンづくりでは、芝できれいに仕上げるという人もたくさんいますが、diyで芝を植える場合、芝選びから整地、設置などを行うことになります。

ただし、自分で芝を設置した場合、問題が生じるということが多くあります。

人工芝DIYのよくある失敗例①表面が凸凹

diyでは、どうしても十分な知識がないまま、施工してしまうことが多いため、仕上がりがしっかりとならないといったことがあります。

芝とはいえ、知識が乏しいと失敗するケースがたくさんあります。

たとえば、diyで芝の庭をつくると、整地が不十分なために、芝の設置後、しばらくしてでこぼこが目立つことがあります。

これは、DIYで施工するときの失敗談として多くあるもので、よく起こるトラブルとして取り上げられることがあります。

これは、自分で施工する場合、石などを取り除いても転圧機がないために、しっかりと整地できないことが原因とされています。

転圧機があればよいのですが、転圧機があったとしても使ったことのない人がはじめて整地を行うときは、十分に転圧できたとは限らないので、芝を敷いた後にゆがみが起こることがあるのです。

芝の設置後に凸凹やゆがみが出るようになると、再び芝をはがして整地を行なったり、芝を新しく張り替えるといった手間やコストがかかるようになってしまいます。

これでは、コストが増えてしまうため、経済的ではありません。

整地の不具合は、天然芝を使うときだけでなく、人工芝を使うときでも同じです。

どのような芝を敷こうとも整地がきちんとなっていないと、芝に不具合が起きて仕上がり感が悪くなります。

このようなdiyを行うことによって起こる不具合は、天然芝では、このぐらいですが、人工芝になるともっとさらに不具合が起こることがあります。

人工芝のよくある失敗例②雑草対策が不十分

たとえば、人工芝の施工では、雑草が生えてこないように雑草対策を行いますが、diyでは、この対策が不十分であったり、防草対策の知識がないために工事をはじめから行わないということもあるようです。

しかし、人工芝で防草対策をしないと、芝を設置したあとに雑草が生えてきます。

人工芝である場合、人工素材の芝葉パイルに雑草が混ざるということになるので、雑草取りが大変になります。

これには、大きな手間がかかる作業であるので、防草対策を怠ることは大きな失敗となってしまうのです。

人工芝のよくある失敗例③隙間の発生

さらに、人工芝の場合、diyで行うと芝を設置するときに加工やカットに不具合があり、人工芝に隙間ができてしまうことがあります。

また、隙間ができる場合、ジョイント部分でも隙間が起こるケースもあるのですが、人工芝に隙間ができてしまうとほこりや汚れが溜まりやすくなるため、清掃が大変になってしまうという失敗を実感することにもなるでしょう。

人工芝の隙間に溜まったほこりなどは容易にはとれません。

掃除機で吸い込んでもブラシやほうきではいても取れないということがあるので、芝をはがして掃除しなければならないという結果になる失敗もあります。

このように人工芝の設置をDIYで行うと、失敗してしまうケースが多くあるのです。

つまり、diyによる設置では、結果的にあとから補修のための手間やコストがかかるようになることから、この方法は効率的ではありません。

人工芝を敷くなら、プロの専門業者がおすすめ

はじめからきちんと人工芝を敷くなら、専門業者の活用をおすすめします。

このほうが芝に手間をかけず、施工後にはきれいな仕上がり感を楽しむことができるはずです。

そして、余計なコストをかけることもないので、人工芝では失敗しないでしょう。

人工芝の専門会社のフィールドマジックは、自社スタッフが整地から芝の設置まで施工しています。

フィールドマジックの人工芝なら施工後の仕上がりに満足できるため、人工芝の設置で失敗しません。

クレジットカードでお支払いできます