休まず営業中
夢の園庭プレゼント
人工芝はアリ

人工芝の耐久性

人工芝は天然芝に比べると耐久性に優れています。

ただ製品によってその耐久性にはばらつきがあり、

2~3年で芝葉がボロボロになって交換が必要になる場合もあれば、

10年使えるような高い耐久性のある人工芝もあるんです。

ここでは人工芝の耐久性についてまとめてみましょう。

人工芝の耐久性はどう決まる?

人工芝を選ぶポイントとして

価格
見た目
耐久性

などがあります。

価格はもちろん大切ですが、安くてもすぐにダメになるような人工芝であれば

意味がありません。

人工芝の値段自体は高くても、耐久性があれば、買い替えの時期は遅くなり、

コストパフォーマンスは高いです。

初期にかかる費用が高くても、最終的なトータルコストは耐久性のある人工芝の方が

安くなるでしょう。

人工芝通販の選び方

人工芝の購入方法は、施工会社や販売店、ホームセンター、通販など様々です。

特に最近人気なのが人工芝通販。

ネットショッピングの普及により、手軽に購入できる通販で人工芝を買う人が

増えています。

人工芝を取り扱うオンラインショップ、通販サイトは数多くあり、

どのショップを選べばよいか迷ってしまうでしょう。

施工も行ってくれる通販サイトもあれば、人工芝だけ購入して施工は自分自身で行う

というショップもあります。

人工芝の選び方は難しい?

初めて人工芝を購入するとなった時、選び方ってほとんどの人が知らないでしょう。

素人からするとどの人工芝を選んでも同じだろうと、値段だけで決めがちですが、

そのような選び方ではよい人工芝と巡り合うことはできません。

人工芝選びはなんだか難しいと思ってしまうかもしれませんが、

選び方のポイントを抑えておけば人工芝選びに失敗することはありませんよ。

ここでは人工芝選びのポイントをまとめてみますね。

人工芝生は手入れがいらない

芝生と聞くと、お手入れが大変そう…

そんなイメージを抱く方が大半でしょう。

たしかに生きた芝生をお庭に敷いた場合、水やりをしなければなりませんし、

雑草が生えてくれば雑草抜きをしなければなりません。

芝葉が伸びてきたら芝刈りも必要でしょう。

枯れてしまったら新しい芝生を張り替えなければなりません。

これだけ聞いていても、芝の手入れってすごく大変ですよね。

人工芝は天然芝と見間違う

ここ最近発売されている人工芝は「リアルさ」にこだわったものが多く、

本物と見間違えてしまう製品が増えています。

ひと昔前の人工芝は、プラスチックの塊のようなお粗末なデザインのものが

多かったのですが、「リアル人工芝」のように本物の天然芝に似せた人工芝の

クオリティは非常に高いです。

ここでは見間違えるほどのリアルさが魅了の人工芝についてまとめてみましょう。

人工芝のデメリット

人工芝は天然芝と比べて、水やりいらず、肥料まきいらず、雑草抜きいらずと

いいこと尽くしです。

天然芝と比べてメンテナンスが非常に簡単なので、人工芝を選ぶご家庭は非常に

多くなってきています。

しかし人工芝にもちろんデメリットはあるんです。

きちんと人工芝のデメリットを考慮した上で、人工芝選びをしたいですね。

ここでは人工芝のデメリットについてまとめてみましょう。

人工芝はリアルなものがいい

芝を敷きたいけれど、天然芝だと水やりや雑草抜き、芝刈りなどが大変そうだな…

と躊躇してしまう人も多いでしょう。

そんな方におすすめしたいのが「人工芝」です。

人工芝は、水やり、肥料まき、雑草抜き、芝刈りなどメンテナンスが一切必要なし。

日当たりも気にせずどこでも設置できるのが魅力です。

人工芝ロールの扱い方

天然芝に比べて設置する場所を選ばず、メンテナンスもラクチンなことから人気急上昇中なのが人工芝です。人工芝にはロール状タイプのものとジョイント式のマットタイプ(タイル状)のものがあります。どちらもメリット、デメリットがあるものの、人工芝を選ぶのであればロール状がおすすめです。では、なぜ人工芝はロール状の方がよいのでしょうか?その理由と、人工芝ロールの扱い方をまとめてみましょう。