休まず営業中
夢の園庭プレゼント

人工芝のdiyはこわくない

人工芝は業者や施工会社、販売店などから購入する方法以外に、100円ショップや

ホームセンターなどで自ら購入することもできます。

またアマゾンや楽天などのオンラインショップで購入することもできるでしょう。

自分で購入した場合、人工芝の設置がネックとなりますが、実は人工芝の設置は

それほど難しい作業ではありません。

普段からdiyをする人であれば、全く問題なくできる作業でしょう。

ここでは人工芝のdiyについてまとめてみますね。

人工芝のdiyはかんたんです

ホームセンターなどでも簡単に購入できる人工芝は、自宅の庭に敷くだけで

ガラリと雰囲気が変わります。

人工芝を自分で敷いてdiyしたい!!という人はたくさんいらっしゃるので

はないでしょうか?

ここでは人工芝のdiyのポイントをまとめてみましょう。

人工芝の継ぎ目は目立つ?!きれいなお庭を手に入れるための極意

誰しも人工芝を敷くなら、できる限りきれいな見た目のお庭にしたいと願うもの。しかし、広い範囲に人工芝を施工する場合、どうしても気になる人工芝同士の境目にできる継ぎ目。この継ぎ目が目立つかどうかで、庭全体の印象が変わるといっても過言ではありません。今回は、そんな人工芝の継ぎ目をどうすれば目立たなくできるのかについて解説していきます。

リアル人工芝のDIYで失敗しないためには?

念願のマイホームを手に入れたので、庭にはきれいな芝を敷きたい。そう思って、人工芝の見積もりを業者に頼むと、思った以上に高くて驚きくことがあるかもしれません。こんなにお金はかけられないので自分で敷こうと思うこともありますよね。

庭の芝生を人工芝にするには

庭の芝を人工芝に張り替えるには、芝や雑草を除去し、整地を行い、その上に防草シートをかぶせ、その上で人工芝を敷くという作業行程が最低でも必要となります。それぞれにコツがあり、必要なアイテムもありますので、専門業者を活用するのも一つの方法です。

人工芝のDIYは可能?

人工芝の機能が向上するにつれて、庭に人工芝を設置する方も増えています。非常ににメリットの多い人工芝ですが、設置にはノウハウが必要です。フィールドマジックではそういったノウハウも公開しておりますのでぜひご覧ください。

庭や野球場の人工芝はdiyでなく専門会社がよい

庭や野球場などに人工芝を設置することが増えていますが、DIYもできなくはありません。しかし、整地や雑草対策がうまくできないと、せっかくの人工芝の機能が低下してしまうので、プロに依頼するのが良いでしょう。

diyでつくる犬用人工芝のデメリット

diyで人工芝を敷き、犬と一緒に楽しむという方は増えていますが、施工の際に注意点がいくつかあり、うまくできないとせっかくの人工芝にデメリットが増えてしまいます。この点、専門業者に任せられると安心です。