休まず営業中
夢の園庭プレゼント
人工芝はアリ

人工芝の耐久性

人工芝は天然芝に比べると耐久性に優れています。

ただ製品によってその耐久性にはばらつきがあり、

2~3年で芝葉がボロボロになって交換が必要になる場合もあれば、

10年使えるような高い耐久性のある人工芝もあるんです。

ここでは人工芝の耐久性についてまとめてみましょう。

人工芝の耐久性はどう決まる?

人工芝を選ぶポイントとして

価格
見た目
耐久性

などがあります。

価格はもちろん大切ですが、安くてもすぐにダメになるような人工芝であれば

意味がありません。

人工芝の値段自体は高くても、耐久性があれば、買い替えの時期は遅くなり、

コストパフォーマンスは高いです。

初期にかかる費用が高くても、最終的なトータルコストは耐久性のある人工芝の方が

安くなるでしょう。

人工芝の耐用年数は何で決まる?

人工芝は天然芝に比べると、耐用年数が長いことで知られています。

ただその耐用年数は、それぞれ人工芝の製品によって異なるんです。

では人工芝の耐用年数は、いったい何で決まるのでしょうか?

ここでは人工芝の耐用年数についてまとめてみます。

人工芝の耐用年数をご存じですか?

人工芝を敷く際に気になることと言えば、どのくらいの年数持つのか?という点でしょう。

人工芝の耐用年数は、それぞれ製品によって異なりますが、だいたいどれくらいもつものなのでしょうか?

ここでは人工芝の耐用年数についてまとめてみます。

知らないと後悔する?! リアル人工芝の劣化と耐久性を徹底検証

人工芝を敷くことを検討されているお客様なら誰しも気になるのが、「人工芝って数年で張り替えないといけないと聞いた…耐久性はどれくらいなのだろうか?」ということ。私たちも、この質問は本当によく耳にします。ですが、そもそも耐久性の前に、人工芝がどう劣化するのかご存知でしょうか?意外とそこを知らずに耐久性の心配をなさっているお客様が多いように感じます。今回の記事では、人工芝の耐久性が低いとどのように劣化が見られるのかについて解説していきます。

人工芝の芝葉の強度

人工芝の耐久性、特に芝葉の強度を決める要素に、芯の有無と芝葉の形状があります。これについては、それぞれ一長一短がありますが、当店のエクスターフではいいとこ取りのC型(U型)の形状で芯なしの芝葉とし、密度を高めることで強度とクッション性を保っています。

庭の人工芝が劣化しやすい理由

庭やベランダなど屋外で使っている人工芝は、良いものを使わないとすぐに劣化してしまいます。人工芝も基本的にプラスチック素材で作られていますので、その材質や加工、施工方法によって、寿命が全然違ってくるのです。