ドッグランと人工芝の相性について

ドッグランと人工芝の相性について

人工芝製造過程

ドッグランという犬を自由にできる場では、
リールを外して自由に走らせることができ、
それだけに犬も力一杯走ります。

そのドッグランに人工芝の採用が増えています。

その理由は一言で言って相性が良いからです。

 

ドッグランでは犬が思い切り走り回れますが、
その際に、犬の足にも、そして地面にも、
それなりの負担がかかってきます。

そのため、コンクリートのドッグランというのは、
基本的に採用されません。

犬が頑張って走りたくても、足が痛くなり、
全力で走るのが徐々に嫌になってくるからです。

人間も裸足でコンクリートを走るのは嫌でしょう。
犬もそうだということです。

そのため、土だったりウッドチップだったり、芝など、
ある程度のクッション性がある地面が望まれます。

土の場合には最も自然ではありますが、
コンディションが不安定であり、不衛生な面もあります。

ウッドチップなどはクッション性もありますが、
時には爪に挟まることもありますし、
またトゲがあったりして刺さるとその後嫌がられます。

天然芝は理想的ではありますが、管理や維持が大変です。

そういった理由から人工芝が使われることが増えました。

リアル人工芝

そしてドッグランの人工芝は、耐久性が求められます。

犬にかかる負担もありますが、人工芝にも負担があります。

踏まれ、蹴られ、爪が引っ掛かることもあります。
そういった外部刺激に強いことがドッグランでは必須です。

ドッグランの人工芝を選ぶならこの点に考慮が必要です。

 

ドッグランの人工芝ではその他にも衛生面や管理面など、
求められるものが多いです。

工業製品である人工芝では、
抗菌・防臭コーティングなどの技術によって、
衛生的な状態を保つことができますし、
芝刈りや水やりを行う必要もありません。

衛生面の維持や、管理の手間の軽減などにも、
人工芝は非常にすぐれているのです。

人工芝で寝る犬

ドッグランでは人工芝の採用例が増えていますが、
まだまだ急ごしらえの人工芝ドッグランも多く、
質の良くない人工芝で作ってすぐにダメになることも
少なくありません。

当店のエクスターフは10年保証を行っている商品で、
その品質や耐久性に強い自信があります。

ドッグランでの採用例も多いので、
ドッグランで人工芝をお考えの方はぜひご検討ください。

クレジットカードでお支払いできます